馬籠から金環日食で日光の目玉に包まれる

昨日は朝から日食で忙しかったです。
別にお客さんが沢山いて
忙しかったわけではありません。

気持ちが忙しくて大変でした。
いつもより1時間も早く起きて待ち構えて
ドキドキしていたのです。

天気は、朝から絶好調でしたので、
天気予報は、曇りでしたので

そのへんで、テンションが上がっていしまいました。

3日前に作っておいた
アルミホイルに竹串の穴を開けた物で
太陽を見ることにしました。

三日月のようになってきた頃には
薄暗くなって、
行灯の電気がつきだして
太陽が出ているのに
妙に寒いような不思議な感じでした。

外に出て、観察しようと
ふと木漏れ日を見ると、なんとそこには
太陽がいっぱい写ってるではありませんか。

これには驚きました。

よく見ると
あっちもこっちも太陽だらけ

葉っぱの間から漏れてくる光が
太陽の形になるとは、
なんだか理解できません。

太陽がリング状態になる頃には
そこらじゅうにリングが出来上がっていました。

あっちもこっちもリングだらけです。

机の上から木の幹、家の壁

目玉がいっぱいあるような気がして少し気持ち悪くなりましたが、
不思議な世界でした。

想像してみてください

木漏れ日がすべて目玉の光に変わって
あなたを包み込んで
しまうんです。

面白いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です