15

このあたりは、車道と歩道が隣接しています。 もしも、車道を行って間違えてしまった場合は男滝(男)に入っていく道がありますのでそちらにお進み下さい。

Comments are closed.