馬籠茶屋の料理

IMG_7346

 

注意

夕食18:00集合19:00終了です。
食事の時チビチビとゆっくり飲みたい人には不向きです。
朝食7:30集合8:00終了です

夕食を予約された方の

民宿馬籠茶屋の夕食は、こんな感じのイメージです。

品物は、その時々、少しずつ変わってきますが、

おおまかに言ってこんな感じです。

 

使っている素材は、なるべく地元のものを中心に

お出ししています。

 

すべてが地元のものって言いたいところですが、

そういうわけではありません。

例えば、お米は、すべて地元中津川産を使っています。

特に米処と言う訳ではありませんが、

 

個人的に美味しいと思いますよ。

水が綺麗な田んぼで作った米です。

 

あと、野菜や山菜などの煮物類は、

中津川市内の農産物直売所的なところで

買ってきたり、

 

近所のおばちゃんやおじちゃんがくれたり

そういうものを無駄のないように

料理してお出ししています。

 

山菜は、自分たちで取りにいったりもします。

一日お店を休みにして、山菜採りのために

山へと出かけることもあります。

そんな時は、なんだか遠足気分で楽しいですけど

疲れたりもします。

 

そう言えば、タケノコ堀りは、重労働です。

本当は、タケノコを掘るのは、イノシシとの

競争ですので、神経も使いますし、

肉体も使いますので、大変です。

イノシシさえいなければ、精神的苦労が少しは楽になるのですが。。。

 

山菜とか野菜は、季節的に収穫時期が集中したり

するので、一度に沢山の煮物をしなければ

ならなくなることがあります。

 

そんな時は、

外で薪を使ってワイルドな料理をする時もあります。

鍋の外側をススで真っ黒にしながら、

業務用の大きいガスコンロでも

その大量の煮物に追い付きません。

 

薪で煮たワイルド料理は、

なぜが少し燻製のような香り付きに

なりますので、香ばしくて

味覚と臭覚を刺激してくれます。

 

時には、不作でなにも農作物ができない時もあります。

そんな時は、仕方がないのでスーパーで

仕入れたり、市場に行ったりもしますが

 

自然界の事情も絡んできますので

そんな時は、どうかご理解お願い致します。

 

五平餅のタレに入っている命のクルミは、

100%地元産です。

タレのキモの部分なので、タレの命と言わせて頂きました。

とっても、面倒な作業を繰り返し、

一粒から2、3グラムしか取れない

クルミを、ひたすら15キロ以上になるように。。。

 

冬の間の作業です。

いったい何粒のクルミをほじっているか

計算してみたくなりますが、

 

実際の数を知ってしまうと、やる気が無くなってしまうと

困るので、計算しないことにしています。

 

焼き魚は、

こだわりの地元養魚場の

神坂養魚場産です。

養魚場の社長さん曰く、

池に、あるこだわりがあるそうです。

それと餌にもこだわりがあるそうです。

確か。。

池は、アンモニアがなくなるような池だって言ってました。

餌は、出汁をきかせているみたいです。

 

そこでは、ニジマス、大きいニジマス、アマゴ、イワナなどが

います。

天然のイワナとかアマゴと比べても

ここのマス達は、美味しいです。

なぜなら、美味しくなるように育てているからなんです。

当たり前の話ですみません。

秘密的な部分ですので、あんまり言いすぎても

長谷川君は、口が軽いとか言われると困りますので。。。

 

thimg1386228787

朝食は、こんな感じです。

 

馬籠茶屋の食事時間

食事の時間が決まっております。

 

夕食は18時です

朝食は、7時30分ですので、お願い致します。

夕食18:00集合19:00終了です。
食事の時チビチビと時間をかけてゆっくり飲みたい人には不向きです。
朝食7:30集合8:00終了です

もし、お時間がおきに召さない場合は、

お食事なしの素泊まりでもお泊り頂くことが出来ますので、

お客様に選んでいただけます。

 

 馬籠茶屋の食事の場所

お食事の場所は、民宿馬籠茶屋のすぐ向かいの

お食事処馬籠茶屋になります。

IMG_0702-2

 

左が民宿で右がお食事ところです。

ご覧のとおり、すぐ近くですのでご安心ください。